商品先物取引ポータル

商品先物取引ポータル TOP ‐ 提供:keizaireport.com
経済レポート
経済見通しレポートを表示しています。更新間隔は一日毎になります。
スポンサードリンク
経済レポート:経済見通しレポート

ニュースカテゴリー、経済見通しレポートを表示。

2019年の主要新興国の見通しと注目点 発表元:みずほ総合研究所 - 掲載日:2018-12-17

世界経済見通し~先行きの懸念材料、世界経済の展望....:JRIレビュー Vol.11,No.62 発表元:日本総合研究所 - 掲載日:2018-12-15

2019年の世界情勢展望 発表元:三井物産戦略研究所 - 掲載日:2018-12-15

【短期経済予測】世界経済は19年減速、さらに下振れリスク 発表元:日立総合計画研究所 - 掲載日:2018-12-14

アジア経済中期予測(第4回/2018-2030年)アジア、浮かぶ都市、沈む都市【要旨】 発表元:日本経済研究センター - 掲載日:2018-12-13

18・19年度の経済見通し~日本の実質成長率予測は18年度+1.0%、19年度+0.7% 発表元:JA共済総合研究所 - 掲載日:2018-12-13

アジア経済見通し2018 (Asian Development Outlook 2018)~米中貿易摩擦の中、アジアの成長は依然堅調 発表元:アジア開発銀行 - 掲載日:2018-12-13

米国経済展望2018年12月号~トピックス:年末商戦は好調 / 米中は一時休戦も海外景気の先行きに注意が必要 発表元:日本総合研究所 - 掲載日:2018-12-12

2018~20年度 関西経済の見通し 底堅い回復が続く関西経済~懸念材料はあるものの全国比やや強めの回復が持続:リサーチ・レポート 発表元:日本総合研究所 - 掲載日:2018-12-12

欧州経済見通し~失速免れる見通しも不確実性高い。実質GDP 2018年+1.9%、19年+1.6%:Weekly エコノミスト・レター 発表元:ニッセイ基礎研究所 - 掲載日:2018-12-12

経済見通し No.30-4 ~実質成長率は 2018年度0.7%、2019年度0.8%と予測 発表元:信金中金 地域・中小企業研究所 - 掲載日:2018-12-12

2018・2019年度日本経済見通し(2018年12月改訂)~設備投資の下振れを反映して2018年度成長率を下方修正。実質GDP成長率予測:18年度 0.7%、19年度 0.7% 発表元:東レ経営研究所 - 掲載日:2018-12-12

2019年度北海道経済の見通し~実質経済成長率は2019年度+0.6%、名目経済成長率は+1.9% 発表元:北洋銀行 - 掲載日:2018-12-12

世界経済・金融市場の見通し 2018年12月号~世界の景気循環の動向、高まる貿易戦争リスクをどう考えるか... 発表元:アライアンス・バーンスタイン - 掲載日:2018-12-12

2018~2020年度経済見通し-18年7-9月期GDP2次速報後改定~実質成長率:2018年度0.8%、2019年度0.8%、2020年度1.2%を予想 発表元:ニッセイ基礎研究所 - 掲載日:2018-12-11

2018~2019年度日本経済見通し(2018年7-9月期GDP2次速報後改定)~実質GDP 2018年度予測+0.7%、2019年度+0.7% 発表元:第一生命経済研究所 - 掲載日:2018-12-11

第199回日本経済予測(改訂版)~日本経済は減速へ。「2019年問題」に要注意~1.人手不足と外国人労働者受け入れ、2.中小企業の労働生産性、3.グローバルマネーフロー、などを検証 発表元:大和総研 - 掲載日:2018-12-11

2018/2019年度短期経済見通し(2018年12月)(2次QE反映後)~下振れリスクが高まる中、景気の回復基調は維持される 発表元:三菱UFJリサーチ&コンサルティング - 掲載日:2018-12-11

2018・19年度 内外経済見通し~輸出減速から日本経済の回復テンポは鈍化する見通し(2018年7~9月期GDP2次速報後改訂) 発表元:みずほ総合研究所 - 掲載日:2018-12-11

2018~2020年度改訂見通し~内需にけん引される形で景気は再び回復トレンドに:リサーチ・アイ 発表元:日本総合研究所 - 掲載日:2018-12-11

【お薦め書籍】2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する AI、自動車、バイオ、農業、医療、エネルギー、軍事、VR、拡張現実...



- 商品先物取引ポータル -